自動車保険の自分の補償とは 自動車保険の賢い選び方

自動車保険の自分の補償とは

自動車事故で自分がケガをした場合のためには、搭乗者傷害保険人身傷害補償保険があります。

搭乗者傷害保険とは、自動車事故でケガをして病院に入院・通院または死亡した場合に支払われる傷害保険です。契約するときに設定する保険金額は、500万円とか1000万円などで、これは死亡時または後遺障害を被ったときに支払われる金額です。
では、病院に入院・通院の場合どうなるのかといえば、「日数払い方式」と「部位症状別払い方式」の2つがあります。

日数払い方式は、入院1日につき死亡保険金額の1000分の1.5つまり、保険金額が500万円ならば1日:7500円、1000万円ならば1日:15000円支払われます。通院の場合は、1000分の1の金額なので500万円の場合1日:5000円、1000万円の場合1万円支払われます。
通院保険金については、通院したすべての日数に対して保険金が支払われるわけではありません。支払いになる対象期間は、「平常の生活」、もしくは「業務に従事できる程度」に回復するまでなっていますので注意が注意が必要です。

部位症状別払いとは、ケガをした部位、症状によって保険金額が決まっている保険です。たとえば、ムチ打ちの場合5万円、頭蓋骨骨折の場合60万円など保険金額が決まっています。

保険料が安いのは、部位症状別払いです。部位症状別払いはケガをした場合、お医者さんが書いてくれる診断書によって保険金が支払われます。

日数払いは、ケガが完治してから保険金請求をするので、保険金を受け取るまで長い時間が掛かる場合があります。重症のケガの場合は日数払い方式のほうが保険金が多いと思われます。


人身傷害補償保険とは、事故でケガをした場合に過失割合に関係なく補償してもらえる保険です。過失割合によって自分が責任を負わなければいけない部分について支払われます。たとえば、自動車事故によってケガをして入院・通院などの医療費や仕事を休んだ場合の休業補償などの損害額が1000万円で、過失割合が60対40で示談になった場合、相手が賠償してくれる金額は1000万円の60%で600万円になります。残り400万円の損害額を人身傷害保険から補償してもらえます。

契約時に設定する保険金額は、3000万円から無制限まであるようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。